加賀市: 実性院

  石川県:歴史・観光・見所(ホーム)加賀市:歴史・観光・見所>実性院
加賀市
 ・ 蔵六園
 ・ 出水神社
 ・ 実盛塚
 ・ 江沼神社
 ・ 源平合戦戦死者墓
 ・ シゲ浜
 ・ 橋立町
 ・ 実性院
 ・ 時鐘堂
 ・ 加佐ノ岬
 ・ 鹿島の森
 ・ 片野海岸
 ・ 旧酒谷家住宅
 ・ 橋立支院
 ・ 大聖寺城
 ・ 菅生石部神社
 ・ 加佐岬灯台
 ・ 長流亭
 ・ 旧春木家住宅
 ・ 全昌寺
 ・ 山中温泉杉水町
 ・ 吉備神社
 ・ 山中温泉大土町
 ・ 大土神社
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
概要・歴史・観光・見所
実性院(加賀市)概要: 実性院金龍山実性院の創建は寛永18年(1641)、大聖寺藩初代藩主前田利治の家臣玉井市正が、通外祗徹大和尚を招き一庵を設けたのが始まりと伝えられています。正保元年(1644)、祗徹大和尚が死去すると市正は天柱響補(祗徹の弟子)を招き改めて寺院として開山し、開基となった市正の父親の法名(廓庵宗英居士)から寺号を宗英寺としました(開山者は祗徹)。万治3年(1660)、前田利治が死去すると宗英寺で葬儀が執り行われ利治の戒名「実性院殿機雲宗用大居士」から寺号を実性院と改称、万治4年(1661)2代藩主前田利明が現在地に境内を移し山号を霊光山から金龍山に改称しています。境内周辺は「山の下寺院群」と呼ばれ大聖寺藩の陣屋の防衛ラインとして計画されたもので、有力寺院7カ寺と神社1社が集められました。実性院は大聖寺藩歴代藩主の菩提寺として藩主から庇護され、本堂はじめ諸堂が随時整備され藩内の寺院の中心として寺運も隆盛します。現在でも御霊屋や前田家廟所(初代から14代まで)、三十三観音の石仏など当時の面影を強く残している落ち着いた寺院で参道には白萩が2千株余が植えられている事から「萩の寺」としても知られています。現在の本堂は寛文5年(1665)に建てられたもので、木造平屋建、寄棟、桟瓦葺、正面千鳥破風、玄関屋根軒唐破風、桁行13間、建築面積493.3u、江戸時代初期の寺院本堂建築の遺構として貴重な事から平成23年(2011)に加賀市指定文化財に指定されています。宗派:曹洞宗。本尊:釈迦牟尼佛。

実性院の文化財
 ・ 大聖寺藩主前田家廟所(約1457u)−加賀市指定史跡
 ・ 御霊屋−江戸前期−雲形袖付五重座位牌(蒔絵)安置−加賀市指定文化財
 ・ 本堂−寛文5年−寄棟、桟瓦葺、正面千鳥破風−加賀市指定文化財
 ・ 紙本金地著色群鹿図屏風(六曲一双:佐々木泉景筆)−加賀市指定文化財

実性院
実性院
[ 付近地図: 石川県加賀市 ]・[ 加賀市:歴史・観光・見所 ]
ホームへ戻る

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「石川県:歴史・観光・見所」は「石川県の歴史」、「郷土資料辞典−石川県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。