にし茶屋街

  石川県:歴史・観光・見所(ホーム)金沢市:歴史・観光・見所>にし茶屋街
金沢市の見所
 ・ ひがし茶屋街
 ・ 主計町茶屋街
 ・ にし茶屋街
 ・ 金沢市長町
 ・ 卯辰山寺院群
 ・ 金沢市尾張町
 ・ 大野庄用水
 ・ 兼六園
 ・ 金沢城
 ・ 湯涌温泉
 ・ 近代洋風建築
 ・ 神社・寺院
 ・ 古民家
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
概要・歴史・観光・見所
にし茶屋街(金沢市)概要: にし茶屋街の町的発生は文政3年(1820)、加賀藩11代藩主前田斉広(前田家12代)が金沢町奉行山崎頼母らの口添えにより幕府から正式に公許を得て町割りされたのが始まりとされます。当時の金沢は江戸、大坂、京都に次ぐ都市的発展を遂げ、人口は10万人に達したとされ、当然、遊女を抱える茶屋や岡場などが無秩序に点在していたと思われます。この事は風紀上も管理上も好ましい事でなく幕府から許可を得てそれらを一箇所にまとめる事で上記の懸念を払拭しました。にし茶屋街は北国街道の犀川大橋に隣接した交通の要衝で、加賀藩では区域を隔離して妓楼を集め入り口には大門や番所を設け遊郭としました。当初は石坂茶屋町と称していましたが天保2年(1831)に茶屋制度が廃止され、慶応3年(1864)に再度公許されると「西の郭」などと呼ばれるようになりました。明治時代以降はさらに栄え、にし茶屋街はひがし茶屋街主計町茶屋街と共に、金沢三茶屋街の一つに数えられ、金沢の社交場との地位を確立しました。当時のにし茶屋街は上町と下町に分かれていたそうですが現在は上町のみが町並みとして残されているだけで、下町の方は衰退し逆に犀川の対岸にある片町は北陸最大級の歓楽街に発展しました。にし茶屋街の茶屋文化は健在で往時の建物は少ないものの三茶屋街の中では最多の料亭、芸妓を擁し大正11年(1922)建築された西洋風の西検番事務所(国登録有形文化財)では多くの舞妓や芸妓の稽古場として現在でも使用され夕刻には時折三味線や太鼓の音が聞こえ運がよければ芸妓に合う事も出来るかもしれません。にし茶屋街はひがし茶屋街や主計町茶屋街に比べると路地や町の広がりはあまり感じませんが、近年は修景計画が進み、茶屋建築や石畳などが復元され当時の町並みの一端を見ることが出来ます。又、にし茶屋街は大正時代の小説家島田清次郎が幼少の頃に過ごした場所(吉米楼)としても知られ、小説「地上」の舞台にもなったことから、にし茶屋街にあった茶屋を再現した「金沢市西茶屋資料館」の内部には島田清次郎の資料も展示されています。島田清次郎は早くに父親を無くした為、母親の実家であるにし茶屋街の吉米楼に身を寄せ、数多くの芸子の姿を見て育った事が清次郎の成長過程で大きな影響力を持ち独特な作風が描けたとされます。
にし茶屋街
にし茶屋街
[ 付近地図: 石川県金沢市 ]・[ 金沢市:歴史・観光・見所 ]
にし茶屋街 にし茶屋街 にし茶屋街 にし茶屋街
にし茶屋街 にし茶屋街 にし茶屋街 にし茶屋街
ホームへ戻る

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「石川県:歴史・観光・見所>金沢市>にし茶屋街」は「石川県の歴史」、「郷土資料辞典−石川県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。