金沢市: 尾崎神社

  石川県:歴史・観光・見所(ホーム)金沢市:歴史・観光・見所>尾崎神社
金沢市:神社・寺院
 ・ 雨宝院
 ・ 金沢別院
 ・ 大乗寺
 ・ 円光寺
 ・ 伏見寺
 ・ 願念寺
 ・ 下馬地蔵尊
 ・ 前田家墓所
 ・ 宝円寺
 ・ 宝泉寺
 ・ 桂岩寺
 ・ 松月寺
 ・ 妙立寺
 ・ 妙慶寺
 ・ 尾山神社
 ・ 尾崎神社
 ・ 立像寺
 ・ 専光寺
 ・ 心蓮社
 ・ 真成寺
 ・ 天徳院
 ・ 全性寺
 ・ 宇多須神社
 ・ 卯辰山三社
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
概要・歴史・観光・見所
尾崎神社(金沢市)概要: 尾崎神社尾崎神社の創建は寛永20年(1643)、加賀藩3代藩主前田光高(前田利常の長男)が初代将軍徳川家康を祀る日光東照宮の分霊を金沢城の北の丸に勧請した事が始まりと伝えられています。当時、大名達は幕府の恭順の意を示す為、許可を得て東照大権現(徳川家康)を祀ることが許されていた為、特に有力な外様大名は日光東照宮に模した豪華な社殿を建立し幕府に反意が無いことを示しました。加賀藩も例外ではなく、現在見られる豪華な彫刻や金物、朱色を中心とした極彩色で彩られた社殿を中心に境内には10数棟の建物、施設が建立され「金沢城の江戸」、「北陸の日光」などと呼ばれ日光東照宮の縮図といわれました。又、光高は生母が2代将軍徳川秀忠の娘である珠姫(天徳院)、正室は3代将軍徳川家光の養女大姫(水戸藩主徳川頼房の娘)と徳川家と近く血筋的には徳川家康の曾孫にもあたり造営にはかなり力が入れられたと思われます。当初は東照三所大権現社と称し別当として神宮寺も創建されましたが明治時代初頭に発令された神仏分離令により仏式が廃され、明治7年(1874)に尾崎神社に社号を改称、明治11年(1878)に金沢城が陸軍省に接収された為、現在の社殿のみが移築されました。現在の社殿は寛永19年(1642)に着工し寛永20年(1643)に竣工、設計、監修を木原木工允(幕府お抱え大工)、施工を金沢の大工が手懸けた建物で本殿は三間社流造、銅瓦棒葺、桁行3間、梁間2間、面積20.6u、外壁は極彩色で彩られ、金箔の装飾金具などが採用された豪華な造りで内部に一間の厨子が安置されています。拝殿は拝殿は入母屋、銅瓦棒葺、平入、正面千鳥破風、桁行3間、梁間2間、正面1間向拝付、幣殿は拝殿に直交一体化した建物で、入母屋、銅瓦棒葺、桁行2間、梁間1間、拝殿・弊殿合わせた面積は54.5u。中門は平唐門、銅瓦棒葺、一間一戸、透塀は、桟瓦葺、東西52尺、南北52尺。尾崎神社本殿(附:厨子)・中門・透塀・拝殿及び幣殿(附:軒札3枚)は江戸時代初期に建てられた数少ない社殿建築の遺構で意匠、技術共に大変優れている事から昭和25年(1950)に国指定重要文化財(旧国宝)に指定されています。祭神は天照大神、東照大権現、前田利常。

尾崎神社の文化財
 ・ 尾崎神社本殿(三間社流造)−寛永20年−国指定重要文化財
 ・ 尾崎神社拝殿及び幣殿(入母屋造)−寛永20年−国指定重要文化財
 ・ 尾崎神社中門(平唐門)−寛永20年−国指定重要文化財
 ・ 尾崎神社透塀(桟瓦葺)−寛永20年−国指定重要文化財

尾崎神社
尾崎神社
[ 付近地図: 石川県金沢市 ]・[ 金沢市:歴史・観光 ]・[ 金沢市:神社・寺院 ]
尾崎神社 尾崎神社 尾崎神社 尾崎神社
ホームへ戻る

 

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「石川県:歴史・観光・見所>金沢市」は「石川県の歴史」、「郷土資料辞典−石川県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。