金沢市: 聖霊修道院聖堂

  石川県:歴史・観光・見所(ホーム)金沢市:歴史・観光・見所>聖霊修道院聖堂

聖霊修道院聖堂
聖霊修道院聖堂
[ 金沢市:近代洋風建築(洋館) ]・[ 金沢市:歴史・観光・見所 ]
聖霊修道院聖堂 聖霊修道院聖堂 聖霊修道院聖堂 聖霊修道院聖堂
概要・歴史・観光・見所
聖霊修道院聖堂(金沢市)概要: 聖霊修道院聖堂は昭和6年(1931)に建てられたロマネスク風聖堂です。木造平屋建て、寄棟風の屋根ですが道路側の平面は曲線になっている為、多少いびつな形状で、尖塔屋根の鐘楼を象徴とし屋根の色も聖堂の屋根と異なることでより鮮明になっています。聖堂の外壁は横板張、ペンキ仕上げ、開口部は上部を丸窓、下部をステンドグラスの縦長の上げ下げ窓にファンライト風の半円形の欄間を設え当時の洋風建築の要素を取り入れています。内部は「三廊式」と呼ばれる形式でアーチと柱で仕切った側廊が左右に配され中心の身廊と共に聖堂は大きく3部屋で分けられ、建築当時は畳敷だった名残が現在でも見られます。天井は両側の側廊の柱に合わせて大きなアーチ梁が連続しヴォールトを構成しています。設計にはスイス人建築家マックス・ヒンデル、施工は岩永伊勢松が手掛けています。ヒンデルは大正時代末期から15年間日本に滞在し特に全国で数多くのロマネスク様式を採り入れた教会堂を設計しカトリック新潟教会(新潟県新潟市)、神田カトリック教会(東京都千代田区)、カトリック十和田教会(青森県十和田市)、カトリック松が峰教会(栃木県宇都宮市)などに携わっています。聖霊修道院聖堂は昭和初期に建てられた洋風建築の遺構として貴重な存在で平成8年(1996)に金沢市指定保存建造物に指定されています。

  金沢市観光・旅行見所ナビ:
旧石川県立第二中学校舎旧第四高等中学校本館旧第六旅団司令部旧陸軍第九師団司令部庁舎旧石川銀行橋場支店(金沢文芸館)
旧金沢陸軍兵器兵支廠兵器庫旧陸軍金沢偕行社旧石川県庁舎ギャラリー三田尾山神社町民文化館(旧金沢蓄財銀行本店)旧ウィン館
金沢市立玉川図書館別館(旧専売公社C-1号工場)
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「石川県:歴史・観光・見所>金沢市」は「石川県の歴史」、「郷土資料辞典−石川県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。