噴水

  石川県:歴史・観光・見所(ホーム)兼六園(石川県金沢市)>噴水

概要・歴史・観光・見所
噴水(金沢市)概要: この一見何気ない噴水は文久元年(1861)に造られた日本最古の噴水と言われています。園内から金沢城の二ノ丸に水を引く為の試作されたもので、噴水上部の霞ヶ池からの高低差によって生じる水圧を利用したものです。その為、霞ヶ池の水位が変わると水圧が変化し、結果上がる水の高さも異なってきます。通常は3.5m位であまり大きなものではありませんが、風景や作庭よりもその仕組みに並々ならぬ技術に感動します。

噴水:写真

噴水(兼六園)
[ 金沢市:歴史・観光・見所 ]・[ 兼六園(日本三名園) ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「石川県:歴史・観光・見所」は「石川県の歴史」、「郷土資料辞典−石川県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。