小松市: 那谷寺

  石川県:歴史・観光・見所(ホーム)小松市:歴史・観光・見所>那谷寺
小松市・見所
 ・ 安宅の関跡
 ・ 安宅住吉神社
 ・ 小松市安宅町
 ・ 旧第四中学校
 ・ 旧商銀信用組合
 ・ 仏御前屋敷跡・墓
 ・ 小松警察署庁舎
 ・ 白山神社
 ・ 莵橋神社
 ・ 葭島神社
 ・ 興善寺
 ・ 来生寺
 ・ 西照寺
 ・ 小松城
 ・ 多太神社
 ・ 小松天満宮
 ・ 那谷寺
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
概要・歴史・観光・見所
那谷寺(小松市)概要: 那谷寺の創建は養老元年(717)、泰澄法師(奈良時代の修験僧)が白山(標高:2702m)を開いた際、自ら霊夢に現れた千手観音像を彫り込み岩窟内に一宇を設け安置したのが始まりと伝えられています。当初は自生山岩室寺と称していましたが寛和2年(986)、花山法皇(65代天皇)が行幸で当寺を訪れ千手観音像を拝顔した際、全ての観音霊場の霊気を感じた事から総納霊場と定め、西国三十三観音霊場の1番札所の那智山青岸渡寺(和歌山県東牟婁郡那智勝浦町)の「那」と33番札所の谷汲山華厳寺(岐阜県揖斐郡揖斐川町)の「谷」を取って那谷寺と寺号を改めました。以後、勅願寺として寺運が隆盛し境内には数多くの堂宇が建立され、広大な寺領を有する大寺となり、最盛期には白山三ヶ寺(那谷寺・温谷寺・栄谷寺)の1つに数えられ支院、僧坊合わせて250ヶ寺を擁していたと云われています。南北朝時代、北朝側の富樫氏が那谷寺を占拠、さらに背後の山に那谷城を築き立て籠もったことで、南朝側の新田義貞勢と白山の僧兵が協力し那谷城を攻め立てその兵火により多くの堂宇が焼失しています。文明4年(1482)と文明6年(1484)に一向宗との対立から兵火にかかり全山焼き討ちにあい、さらに戦国時代に富樫氏が一向一揆により滅ぼされると一揆衆に占拠されます。天正8年(1580)に織田信長による加賀侵攻により家臣である柴田勝家が一揆衆を一掃しましたがさらなる荒廃が続きました。その後再建されることなく衰退の一途を辿っていましたが、寛永17年(1640)、加賀藩2代藩主前田利常が後水尾院の命により再興し、藩のお抱え大工山上善右衛門に命じて本殿、拝殿、唐門、三重塔、護摩堂、鐘楼、書院などを建立させ、歴代前田家の祈願所として庇護しその後は寺運が隆盛しました。元禄2年(1689)8月5日には松尾芭蕉が奥の細道の行脚の折、金沢の門人北枝と共に那谷寺を訪れ境内の奇岩、怪石、霊石を見て「石山の 石より白し 秋の風」の句を残しています。明治時代初頭に発令された神仏分離令とその後の廃仏毀釈運動により再び荒廃しましたが昭和に入り堂宇の保存を中心に再興が計られ多くが昭和16年(1641)に国指定文化財に指定されました。宗派:高野山真言宗別格本山。本尊:千手観世音菩薩。

那谷寺の文化財
 ・ 本殿(附:厨子)−慶長2年−桁行3間、梁間2間−国指定重要文化財
 ・ 拝殿−慶長2年−入母屋、こけら皮葺、懸造、3×2−国指定重要文化財
 ・ 唐門−慶長2年−向唐門、こけら葺−国指定重要文化財
 ・ 三重塔−寛永19年−三間三重塔婆 檜皮葺 高11.6m−国指定重要文化財
 ・ 護摩堂−慶安2年−入母屋、こけら葺、3×3−国指定重要文化財
 ・ 鐘堂−慶安2年−入母屋、檜皮葺、袴腰付、3×2−国指定重要文化財
 ・ 書院及び庫裏−寛永2年−国指定重要文化財
 ・ 庫裏庭園(琉美園)−国指定名勝
 ・ おくのほそ道の風景地−那谷寺境内(奇石)−国指定名勝
 ・ 萬暦五彩草花龍文瓶−石川県指定文化財
 ・ 大悲閣鰐口−慶安2年−青銅製、径40.5cm、約20kg−小松市指定文化財
 ・ 萬暦五彩草花龍文瓶−明時代(AD1580年頃)−小松市指定文化財
 ・ 茶室(如是庵)−小松市指定文化財
 ・ 馬符−小松市指定有形民俗文化財

那谷寺
那谷寺 那谷寺 那谷寺 那谷寺 那谷寺 那谷寺 那谷寺
那谷寺 那谷寺 那谷寺 那谷寺 那谷寺 那谷寺 那谷寺
那谷寺 那谷寺 那谷寺 那谷寺 那谷寺 那谷寺 那谷寺
那谷寺 那谷寺 那谷寺 那谷寺 那谷寺 那谷寺 那谷寺
那谷寺 那谷寺 那谷寺 那谷寺 那谷寺 那谷寺 那谷寺
那谷寺 那谷寺 那谷寺 那谷寺 那谷寺 那谷寺 那谷寺
那谷寺 那谷寺 那谷寺 那谷寺 那谷寺 那谷寺 那谷寺
ホームへ戻る

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「石川県:歴史・観光・見所>小松市>那谷寺」は「石川県の歴史」、「郷土資料辞典−石川県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。