志賀町: 松尾神社

  石川県:歴史・観光・見所(ホーム)志賀町観光能登金剛>松尾神社

松尾神社
松尾神社
[ 付近地図: 石川県志賀町 ]・[ 志賀町:観光・歴史・見所 ]
松尾神社 松尾神社 松尾神社 松尾神社
概要・歴史・観光・見所
松尾神社(志賀町)概要: 松尾神社の創建は承和元年(834)に山城国(現在の京都府)にある松尾大社の分霊を勧請したのが始まりと伝えられています。古くから3村(町居村、草木村、日下田村)の惣社として信仰されてきました(現在は町居地区の産土神)。古くから神仏習合し別当寺院である松尾寺が祭祀を司ってきましたが明治時代初頭に発令された神仏分離令により仏式が廃され、本地仏である薬師如来像の銅造懸仏(5面:室町時代末期作・石川県指定文化財)が松尾寺に移されています。明治40年(1907)に周辺に鎮座していた雨乞神社、神宮神社、稲荷神社、布留神社、松岡神社を合祀し村社に列しました。現在の本殿は室町時代後期の永禄2年(1559)頃に建立されたと推定される建物で、一間社流造、板葺、宝永元年(1704)に改修工事が行われているものの細部の組物や彫刻などが建立当時の姿を留め、能登地方に残る数少ない中世神社本殿建築の遺構として大変貴重な事から棟札2枚、旧蟇股と共に昭和55年(1980)に国指定重要文化財に指定されています。拝殿の建築年代は不詳ですが、本殿とほぼ同様な構造、手法をしているところから同じく室町時代後期に建てられたと推定される建物で入母屋、茅葺、妻入、桁行5間、梁間3間、正面1間向拝付、外壁が板張り、何度か改修されているものの建立当時の姿をよく留め、石川県内に残る数少ない中世拝殿建築の1つとして貴重な存在で棟札1枚と共に昭和59年(1984)に石川県指定文化財に指定されてます。祭神は大山咋命、玉依比売命。

  志賀町観光・旅行見所ナビ:
上野海岸冨木八幡神社猪の鼻機具岩腰巻地蔵松尾神社松尾寺巌門能登金剛雄谷家住宅龍護寺関野鼻千畳敷平家住宅
鷹の巣岩高爪神社不動滝旧福浦灯台ヤセの断崖義経の舟かくし
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「石川県:歴史・観光・見所」は「石川県の歴史」、「郷土資料辞典−石川県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。