宝達志水町: 散田金谷古墳

  石川県:歴史・観光・見所(ホーム)宝達志水町:歴史・観光・見所>散田金谷古墳

概要・歴史・観光・見所
散田金谷古墳(宝達志水町)概要: 散田金谷古墳は6世紀後期に築造された円墳で直径21m、短径18.5m、高さ4.7mあります。玄室は石川県唯一の家型石棺(長さ2.3m、幅1.1m、高さ1.27m、屋根は千木状の突起がある特異な形状をしている。)が収められ、副葬品には須恵器の杯・高杯・台付直口壺・提瓶、馬具、直刀、鏃などが出土しています。周囲には十数基の円墳や横穴古墳が集中していて、散田金谷古墳はそれらの集団の族長クラスの人物が埋葬されていたと思われています。散田金谷古墳は昭和57年に国指定史跡に、家形石棺は昭和45年に石川県指定有形文化財にそれぞれ指定されています。

散田金谷古墳:写真

散田金谷古墳
[ 付近地図: 石川県宝達志水町 ]・[ 宝達志水町:歴史・観光 ]
散田金谷古墳 散田金谷古墳 散田金谷古墳 散田金谷古墳


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「石川県:歴史・観光・見所」は「石川県の歴史」、「郷土資料辞典−石川県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。