金沢城: 五十間長屋

  石川県:歴史・観光・見所(ホーム)金沢市:歴史・観光・見所金沢城>五十間長屋

概要・歴史・観光・見所
五十間長屋(金沢城)概要: 五十間長屋二重二階多聞櫓、入母屋造、鉛瓦葺、外壁は白漆喰で仕上げられ、1層目腰壁は海鼠壁になっています。五十間長屋は三の丸を見下ろす防御上重要な場所で、河北門石川門から進入した場合五十間長屋の前を通らなければ2の丸に辿り着けない為、長屋の内堀側には唐破風造の石落し、隠し狭間を設けるなどが設けられています。五十間長屋は寛永9年(1632)に建設され、宝暦9年(1759)、文化5年(1808)、明治14年(1881)の火災で焼失し、近年、文化6年当時の姿に復元されています。

五十間長屋:写真

五十間長屋
[ 付近地図: 石川県金沢市 ]・[ 加賀藩 ]・[ 石川県:城郭 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「石川県:歴史・観光・見所」は「石川県の歴史」、「郷土資料辞典−石川県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。