山代温泉: 薬壷の湯

 |ホーム石川県の温泉街山中温泉山代温泉湯涌温泉粟津温泉

概要・歴史・観光・見所
薬壷の湯(山代温泉)概要: 案内板によると「 霊峰白山火山脈の流れをくむ山代温泉は、今を去る1300年の昔、神亀2年(725年)旅の僧行基が白山登拝の際、山代の里の通りすがりに一羽の烏が岩聞から湧き出る湯に翼を癒す光景を見て温泉を発見したと温泉寺略縁起が伝えている。山代の湯が古くから烏の湯と称せられるのは、この開湯伝説による。源泉は、その量一日約1000キロリットル、温泉は約64℃を保ち温泉浴殿をはじめ各温泉旅館、ホテルその他の施設等に配湯されている。白山の神仏を象徴する瑠璃光の輝きは湯けむりとなって浴する非違とびとの心身に浸透し疲れやストレスを必ずや発散してくれるであろう。」とあります。

【 参考:文献等 】
・ 現地案内板

薬壷の湯:写真

薬壷の湯
[ 付近地図: 石川県加賀市 ]・[ 山代温泉:歴史・観光・見所 ]
山代温泉:観光・見所
温泉街写真
山代温泉:温泉街・写真
山代温泉:写真
服部神社
服部神社
服部神社
薬王院
薬王院温泉寺
薬王院温泉寺
白銀屋
白銀屋
白銀屋
男生水
男生水
男生水
女生水
女生水
女生水
魯山人寓居
魯山人寓居跡
魯山人寓居跡
薬壷の湯
薬壷の湯
薬壷の湯
 
白
 
 
白
 


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「石川県:歴史・観光・見所」は「石川県の歴史」、「郷土資料辞典−石川県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。