加賀市: 白山麓の山村民家(旧春木家住宅)

  石川県:歴史・観光・見所(ホーム)加賀市:歴史・観光・見所>白山麓の山村民家(旧春木家住宅)
加賀市
 ・ 蔵六園
 ・ 出水神社
 ・ 実盛塚
 ・ 江沼神社
 ・ 源平合戦戦死者墓
 ・ シゲ浜
 ・ 橋立町
 ・ 実性院
 ・ 時鐘堂
 ・ 加佐ノ岬
 ・ 鹿島の森
 ・ 片野海岸
 ・ 旧酒谷家住宅
 ・ 橋立支院
 ・ 大聖寺城
 ・ 菅生石部神社
 ・ 加佐岬灯台
 ・ 長流亭
 ・ 旧春木家住宅
 ・ 全昌寺
 ・ 山中温泉杉水町
 ・ 吉備神社
 ・ 山中温泉大土町
 ・ 大土神社
 ・ 
 ・  
 ・ 
 ・  
 ・ 
 ・  
 ・  
白山麓の山村民家(旧春木家住宅)・歴史・観光・見所
白山麓の山村民家(旧春木家住宅)概要: 案内板によると「 この民家は手取川の支流である大日川水系の最奥地、旧能美郡新九村(現小松市新保町)に所在していたものを民具収集家伊藤常次郎氏が昭和54年1月31日加賀市に寄贈されたものです。この民家の特徴は焼畑乾燥にむくようヒエやアワなどの穀物を乾燥させるアマボシダイなどの穀物を乾燥させるアマボシダイがオエ(居間)に2つ設置されていることです。このような構造をもった家は、古くは白山麓にかなり存在していましたが現在残っているのは唯一この民家だけとなっています。 加賀市教育委員会」とあります。建物は江戸時代に建てられたもの、木造平屋建、一部2階建、入母屋(妻面両側には2階への採光、通風の為に唐破風状の開口部)、茅葺、妻入、三方庇付(妻面正面は日本海側の町屋建築で見られる「こみせ」、「雁木」のような空間)、外壁は真壁造り、素木板張り。旧春木家住宅は民俗的に大変貴重な事から名称「白山麓の山村生活用具及び民家」として民具(山樵、木工、狩猟、漁撈、焼畑農耕などで利用)2638点と共に昭和55年(1980)に国指定有形民族文化財に指定されています。現在は加賀市郊外の中央公園に移築され一般公開されています。
白山麓の山村民家
白山麓の山村民家(旧春木家住宅)
[ 付近地図: 石川県加賀市大聖寺敷地町 ]・[ 加賀市:歴史・観光・見所 ]
白山麓の山村民家(旧春木家住宅) 白山麓の山村民家(旧春木家住宅) 白山麓の山村民家(旧春木家住宅) 白山麓の山村民家(旧春木家住宅)
ホームへ戻る


 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「石川県:歴史・観光・見所」は「石川県の歴史」、「郷土資料辞典−石川県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。