加賀市橋立町・歴史・観光・見所

  石川県:歴史・観光・見所(ホーム)加賀市:歴史・観光・見所>橋立町
加賀市・見所
 ・ 蔵六園
 ・ 出水神社
 ・ 実盛塚
 ・ 江沼神社
 ・ 源平合戦戦死者墓
 ・ シゲ浜
 ・ 橋立町
 ・ 実性院
 ・ 時鐘堂
 ・ 加佐ノ岬
 ・ 鹿島の森
 ・ 片野海岸
 ・ 旧酒谷家住宅
 ・ 橋立支院
 ・ 大聖寺城
 ・ 菅生石部神社
 ・ 加佐岬灯台
 ・ 長流亭
 ・ 旧春木家住宅
 ・ 全昌寺
 ・ 山中温泉杉水町
 ・ 吉備神社
 ・ 山中温泉大土町
 ・ 大土神社
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
加賀市橋立町・歴史・観光・見所
加賀市橋立町概要: 橋立町の開村は景行天皇17年(267)石巣宿弥が開いたと伝えられています。宝亀元年(770)には14軒の家屋があり46人の住民が住んでいたそうです。江戸時代に入り大聖寺藩が立藩すると橋立町は大聖寺城下の外港として重要視されるようになり、寛永16年(1639)頃になると北前舟による西廻り航路が確立し、橋立町は北前舟の寄港地となり多くの物資が運び込まれるようになります。寛政8年(1798)に編纂された「船道定法之記」によると当時の橋立町には30数名の船主が名を連ね100隻を超える北前船を所持していたと記されています。経済的にも豊かになった橋立町には西出・久保・酒谷・黒田・西谷といった船主達が財を成し、困窮していた大聖寺藩の財政を助けています。特に幕末では財政が逼迫した上、幕府の命で海防の整備が課せられた為、橋立町の久保彦兵衛や西出孫左衛門などの船主達は多額な金銭を藩に上納しています。明治時代後期になると次第に海運業が廃れ現在は最盛期の賑わいがありませんが、明治時代に建てられた船主達の屋敷が点在し国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。
加賀市橋立町
橋立町:町並み 橋立町:町並み 橋立町:町並み 橋立町:町並み
橋立町:町並み 橋立町:町並み 橋立町:町並み 橋立町:町並み
橋立町:町並み 橋立町:町並み 橋立町:町並み 橋立町:町並み
加賀市橋立町:観光・見所
酒谷家住宅
旧酒谷家住宅
旧酒谷家住宅
蔵六園
蔵六園
蔵六園
橋立支院
橋立支院
橋立支院
出水神社
出水神社
出水神社
シゲ浜
シゲ浜
シゲ浜
ホームへ戻る

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「石川県:歴史・観光・見所」は「石川県の歴史」、「郷土資料辞典−石川県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。