庭園・書院

  石川県:歴史・観光・見所羽咋市観光妙成寺>庭園・書院

概要・歴史・観光・見所
庭園・書院(妙成寺)概要: 妙成寺書院は万治2年(1659)に加賀藩2代藩主前田利常(前田家3代目当主)が参拝時の御座所として建てられたものです。木造平屋建て、寄棟、こけら葺、桁行7間、梁間7間、屋根大棟に設えられた鬼瓦は石造で当地方の寺院建築の特色を現しています。内部は御霊屋、読経所、家老の間、御座の間などに仕切られ、御座の間の花頭窓を付けた出書院や御霊屋の格天井に当時の意匠が感じられます。正面の庭園は案内板によると「 自然地形を利用して築造された蓬莱式池泉観賞庭園で江戸時代前期に作庭である。向かって左に集団石組があり鶴亀兼用石枯山水式大亀、小亀の組合せになっている。庭園の広さと建造物の配置にきわめてすぐれた構成をなすことに書院からの塔影を仰ぐ景観は傑出している。」とあります。妙成寺書院(附棟札1枚)は江戸時代初期に建てられた書院建築の遺構として大変貴重な事から昭和25年(1950)に国指定重要文化財に指定されています。妙成寺庭園(約300u)は貴重な事から昭和45年(1970)に石川県指定名勝にそれぞれ指定されています。

庭園・書院:写真

妙成寺・庭園・書院
[ 付近地図: 石川県羽咋市 ]・[ 羽咋市:歴史・観光・見所 ]
妙成寺・庭園・書院 妙成寺・庭園・書院 妙成寺・庭園・書院 妙成寺・庭園・書院
妙成寺・庭園・書院 妙成寺・庭園・書院 妙成寺・庭園・書院 妙成寺・庭園・書院


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「石川県:歴史・観光・見所」は「石川県の歴史」、「郷土資料辞典−石川県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。