中能登町: かめ塚

  石川県:歴史・観光・見所(ホーム)中能登町:歴史・観光・見所>かめ塚

概要・歴史・観光・見所
かめ塚(中能登町)概要: 五世紀の中期に築造された推定されている崇神天皇皇子大入杵命墓前方後円墳で、前方部長辺26m、短辺20m、高さ4m、後円部長辺41m、短辺35m、高さ4m。崇神天皇皇子大入杵命墓(小田中親王塚)とは旧七尾街道を挟んだ向かいに位置しています。正式名称は「小田中亀塚古墳」で、埋葬者は不明ですが、崇神天皇皇子大入杵命墓(親王塚)との配置上の関係性から大入杵命の陪臣の塚である陪冢に治定されています。崇神天皇皇子大入杵命墓と共に小田中古墳群を形成し、貴重な事から昭和33年(1958)に名称「親王塚及び亀塚古墳」として中能登町指定史跡に指定されています。

亀塚古墳:写真

かめ塚
[ 付近地図: 石川県中能登町 ]・[ 中能登町:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「石川県:歴史・観光・見所」は「石川県の歴史」、「郷土資料辞典−石川県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。