羽咋市: 飯山町

  石川県:歴史・観光・見所(ホーム)羽咋市:歴史・観光・見所>飯山町

概要・歴史・観光・見所
飯山町(羽咋市)概要: 飯山町は江戸時代七尾街道(東往来:能登街道)と越中街道の分岐点として発展した町で、慶長20年(1615)に宿駅として指定されると高札場や問屋場が置かれました。参勤交代で利用されることがない為、特定な本陣は設けられず、伝馬肝煎も村役人が兼任していました。当時は宿場町として賑わっていましたが明治31年(1898)に七尾鉄道が通り国道が整備されると次第に衰退していきました。現在も旧街道沿いには古い町屋が点在し往時の雰囲気が感じ取れます。

飯山町:写真

飯山町
[ 付近地図: 石川県羽咋市 ]・[ 羽咋市:歴史・観光・見所 ]
飯山町 飯山町 飯山町 飯山町


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「石川県:歴史・観光・見所」は「石川県の歴史」、「郷土資料辞典−石川県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。