白山市: 多川家住宅

  石川県:歴史・観光・見所(ホーム)白山市:歴史・観光・見所>多川家住宅

概要・歴史・観光・見所
多川家住宅(白山市)概要: 多川家は加賀藩家臣も務めた旧家で幕末から明治にかけて肝煎役を歴任にた豪農です。現在の主屋は天正年間(1573〜1593年)に作庭された庭園を一部残しながら明治時代末期から大正時代に建てかえられたもので、当時の当地方の建築様式を伝えるものです。多川家住宅主屋は木造2階建、切妻、妻入、外壁は真壁造、白漆喰仕上げ、建築面積337u、格式が高く、式台付きの玄関や大広間(20畳)、座敷などが配されています。外観は大屋根の妻面が正面にし、真壁造りにする事で柱や梁だけでなく細かな、束や貫などを外壁側に現しとした所謂「アズマダチ」で石川県や富山県などよく見られる民家形式を継承しています。多川家住宅主屋は大正時代に建てられた豪農建築の遺構として貴重で「造形の規範となっているもの」との理由から平成16年(2004)に国登録有形文化財に登録されています。又、約1200坪の屋敷内には切妻、桟瓦葺の長屋門や塗屋造の土蔵などが配され当時の豪農屋敷の姿が留められています。現在は"加賀藩千石預り肝煎役(庄屋)の館 多川家"として内部公開され加賀藩主前田家からの拝領品の品々や古文書、美術品、民俗資料などが展示されています。

多川家住宅:写真

多川家住宅
[ 付近地図: 石川県白山市 ]・[ 白山市:歴史・観光・見所 ]
多川家住宅 多川家住宅 多川家住宅 多川家住宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「石川県:歴史・観光・見所」は「石川県の歴史」、「郷土資料辞典−石川県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。