白山市: 舟岡山

  石川県:歴史・観光・見所(ホーム)白山市:歴史・観光・見所>舟岡山

概要・歴史・観光・見所
舟岡山(白山市)概要: 舟岡山山麓にある舟岡山遺跡は縄文時代中期に形成された集落遺跡で縄文式土器をはじめ打製石器や磨製石器、石斧が発見され住居跡からは石で囲んだ炉の跡も見つかっています。山頂には室町時代に築城された舟岡山城があり、本丸を中心に東二の郭、西二の郭、西三の郭などから形成されています。戦国時代には加賀一向一揆衆の軍事的拠点の1つとなり鳥越城の前進基地的な意味合いを持っていたようです。一揆が制圧されると織田家の支配となり舟岡山城は丹羽長秀の家臣早谷五左衛門がその任に当たり天正13年(1585)に前田利家が領主となると家臣である高畠石見守が城主となっています。現在でも郭の形状や土塁、櫓台、虎口、土橋、石垣、空堀などの遺構が残っています。

舟岡山:写真

舟岡山
[ 付近地図: 石川県白山市 ]・[ 白山市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「石川県:歴史・観光・見所」は「石川県の歴史」、「郷土資料辞典−石川県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。