金沢市長町: 老舗記念館

  石川県:歴史・観光・見所(ホーム)金沢市:歴史・観光・見所>老舗記念館

概要・歴史・観光・見所
老舗記念館(金沢市長町)概要: 老舗記念館の建物は明治11年(1878)に中屋薬舗(天正7年開業の薬舗)の主屋として建てられたものを大正8年(1919)に改修したものです。中屋家は京都出身の旧家で室町時代末期の天文年間(1532〜1555年)に戸室山に移り、天正7年(1579)から彦兵衛によって薬種業を生業とし、江戸時代初期から金沢南町に店を構えました。江戸時代中期以降は加賀藩主前田家の御殿薬の処方を拝領し、町でも町年寄り等の上役を歴任しています。建物は、木造2階建て、切妻、桟瓦葺き、平入り、外壁は道路側正面が真壁造り白漆喰仕上げ、その他は下見板張り縦押縁押え、軒先と1階下屋庇は大きく前に張り出した出桁造り、下屋庇の端部には幕板、2階正面外壁の両端には防火、延焼防止の為の袖壁、間口が広く金沢を代表する大型町屋建築です。内部は「みせの間」、「おえの間」、「茶室」、「座敷」、「書院」などが配されていました。昭和62年(1987)に中屋家から金沢市に寄付さたことで、外観が保存され1階の「みせの間」部分が復元、2階が金沢の伝統産業、町民文化に関する資料館となっています。又、中屋家が所蔵していた当時の薬関係の製造用の道具775点、薬販売の道具292点、合計1067点が平成25年(2013)に国登録有形民俗文化財に登録されています。

老舗記念館:写真

老舗記念館
[ 金沢市長町:歴史・観光・見所 ]・[ 金沢市:古民家 ]
老舗記念館 老舗記念館 老舗記念館 老舗記念館


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「石川県:歴史・観光・見所」は「石川県の歴史」、「郷土資料辞典−石川県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。