金沢市: 経田屋米殻店(ひがし茶屋街)

  石川県:歴史・観光・見所(ホーム)金沢市:歴史・観光・見所>経田屋米殻店(ひがし茶屋街)

概要・歴史・観光・見所
経田屋米殻店(ひがし茶屋街)概要: 経田屋米殻店は東茶屋街の主要道から少し離れた所に位置している町屋建築です。経田屋は江戸時代末期に米穀商として創業した金沢を代表する老舗米殻店で製粉業も兼ねて現在も現役で経営しています。現在の建物は明治時代後期にあたる明治37年(1904)に建てられたもので木造2階建て、切妻、平入、桟瓦葺き(元板葺き)、桁行4間(約7.2m)、建築面積134u。1階正面は「むくり」が付いた下屋庇が張り出し、軒先には幕板が取り付けられています。幕板が取り付ける理由は諸説ありますが、一般的には日差し除け、風除け、露除け、暖簾架け、格式など、特に北陸地方では「さがり」、「さがりかけ」などと呼ばれ町屋建築を構成する要素の1つとなっています。変わって2階の大屋根の軒先は垂木の先端部を隠すために鼻隠しと呼ばれる横板が付けられ当地方では「風反し」などと呼ばれています。両庇とも外壁から大きく前に張出している事から出桁造りのように腕木によって支えられ、2階両脇には袖壁が張り出し隣家への防火対策が見られます。内部は西側に通り土間、東側正面に店、その背後に茶の間、座敷、2階に居室、奥の間を配しています。経田屋米殻店は平面構成や構造だけでなく、蔀戸や庇下の下がり、格子窓、風反しなど当時の町屋建築の特徴が見られる貴重な存在で平成元年(1989)に金沢市指定保存建造物に指定され、「国土の歴史的景観に寄与しているもの」との登録基準を満たしている事から平成16年(2004)に国登録有形文化財に登録されています。

経田屋米殻店:写真

経田屋米殻店
[ 金沢市:古民家建築 ]・[ ひがし茶屋街:歴史・観光・見所 ]
経田屋米殻店 経田屋米殻店 経田屋米殻店 経田屋米殻店


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「石川県:歴史・観光・見所」は「石川県の歴史」、「郷土資料辞典−石川県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。