石川県・役行者:縁の社寺

石川県:歴史・観光・見所(ホーム)>役行者

神社・寺院:一覧

名 称
場 所
内   容
石動山・石川県
・中能登町
・伝承によると霊亀2年(716)に役行者が石動山に登拝したと伝えられています。伊須流岐比古神社の境内には役行者が祭られていた行者堂が創建され信仰の対象になっていたようで江戸時代末期の嘉永6年(1853)には加賀藩12代藩主で前田家13代当主である前田斉泰が能登巡見の際、石動山を訪れ参拝した記録が残されています。

現在の行者堂は天正10年(1582)に発生した石動山合戦の兵火で焼失し18世紀初頭頃に再建されたもので、明治時代初頭に発令された神仏分離令により伊須流岐比古神社の別当寺院だった石動山天平寺は廃寺、伊須流岐比古神社の仏教色も一掃される事となり、行者堂は明治7年(1874)に最勝講村に19円で払い下げとなりました。行者堂は最勝講村の鎮守である天神社の拝殿として再利用され、長く村人達に愛されたものの、昭和63年(1988)に拝殿が改築される事になり、歴史ある建物が失われる事を憂いた人々と天神社の氏子理解を得て、伊須流岐比古神社の旧地に戻される事になりました。

行者堂は拝殿として一部改造されていたものの、移築の際に旧形体に復元され、当時の姿に戻されています。ただし、本尊として祭られていたと思われる役行者像の行方は残念ながら判らないそうです。行者堂は江戸時代中期の御堂建築の遺構として貴重な事から昭和63年(1988)に中能登町指定文化財(建造物)に指定されています。

スポンサーサイト
[ 金沢市の町並み(ひがし茶屋街・卯辰山寺院群・主計町茶屋街・にし茶屋街・長町) ]・[ 石川県日本三大(兼六園・倶利迦羅不動尊・医王寺:山中温泉) ]・[ 石川県の温泉街(山中・山代・粟津・湯涌) ]・[ 行基菩薩 ]・[ 松尾芭蕉 ]・[ 日本武尊 ]・[ 石川県の伝統的・町並み(東山ひがし・輪島市黒島地区・加賀橋立) ]・[ 石川県の伝統的・町並み(卯辰山山麓寺院群・主計町・加賀東谷) ]・[ 北陸三十三ヵ所観音霊場 ]・[ 北陸白寿三十三観音霊場 ]・[ 北陸三十六不動霊場 ]・[ 延喜式内社 ]・[ 二重門・楼門・鐘楼門 ]・[ 随身門・神門・中門 ]・[ 茅葺(古民家・寺院・神社) ]・[ 石川県の本殿 ]・[ 石川県の拝殿 ]・[ 石川県の本堂 ]・[ 石川県の御堂 ]・[ 建築物(国指定重要文化財) ]・[ 建築物(県指定有形文化財) ]・[ 弘法大師空海 ]・[ 役行者 ]・[ 泰澄大師 ]
※ 「全国の役行者:縁の社寺」は「郷土資料辞典」、「日本の城下町」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。リンクはフリーですが画像や文章等のコピーは行わないでください。