小松市: 仏御前屋敷跡・墓

  石川県:歴史・観光・見所(ホーム)小松市:歴史・観光・見所>仏御前屋敷跡・墓

概要・歴史・観光・見所
仏御前屋敷跡・墓(小松市)概要: 仏御前屋敷跡・墓仏御前とは永歴元年(1160)に原町に生まれた白河兵太夫の娘で、14歳で京に上り、白拍子として平清盛から寵愛を受けました。安元元年(1175)に尼(報音尼)となり仏道に精進し、翌年に原町に帰ってきましたが、治承4年(1180)に亡くなりました。いつしか、仏御前の庵があった場所は御前様屋敷と呼ばれるようになり、現在はその地に3基の墓碑が建てられています。仏御前屋敷跡・仏御前墓は貴重な事から昭和38年(1963)に小松市指定史跡に指定されています。

仏御前屋敷跡・墓:写真

仏御前屋敷跡・墓
[ 付近地図: 石川県小松市 ]・[ 小松市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「石川県:歴史・観光・見所」は「石川県の歴史」、「郷土資料辞典−石川県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。