小松市: 白山神社

  石川県:歴史・観光・見所(ホーム)小松市:歴史・観光・見所>白山神社

概要・歴史・観光・見所
白山神社(小松市)概要: 白山神社は石川県小松市島田町に鎮座している神社です。白山神社の創建は鎌倉時代初期に阿佐美右衛門尉実高が白山比盗_社から分霊を勧請したのが始まりと伝えられています。以来、島田地区の鎮守として村人から崇敬され、大正6年(1917)には神饌幣帛供進神社に指定されています。現在の本殿は元々小松城内に鎮座していたもので慶安4年(1651)に加賀藩のお抱え大工黒田太右衛門正重の手のよって建てられた建物とされ一間社流造、こけら葺き。明治21年(1888)の社殿の造営により拝殿と幣殿が新築され葭島神社に移築されていた本殿を再度当社に移築しました。白山神社本殿は建築年代が明確で当時の神社本殿建築の遺構として貴重なものである事から平成5年(1993)に小松市指定文化財に指定されています。拝殿は木造平屋建て、入母屋、銅板葺き、平入、正面千鳥破風、桁行3間、正面1間唐破風向拝付き。祭神:伊弉諾尊、伊弉冉尊、菊理媛命。

白山神社:写真

白山神社
[ 付近地図: 石川県小松市島田町 ]・[ 小松市:歴史・観光 ]
白山神社 白山神社 白山神社 白山神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「石川県:歴史・観光・見所」は「石川県の歴史」、「郷土資料辞典−石川県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。