山中温泉(加賀市): 今立町

 |ホーム石川県の温泉街山中温泉山代温泉湯涌温泉粟津温泉

概要・歴史・観光・見所
山中温泉今立町(加賀市)概要: 加賀市東谷地区は江戸時代、山中温泉今立町大聖寺藩に属し炭墨焼きを主産業として藩に納める御用炭を産出していました。昭和中期以降、著しく過疎化が進み、ダム建設により全体が消失する集落もありましたが、荒谷町、今立町、大土町、杉水町の4集落は独特な集落景観を持っていりことから平成23年(2011)に国重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。保存範囲は東西5280m、南北約4950m、面積約151.8ha、各集落には木造2階建、切妻、桟瓦葺、妻入、正面1階には下屋庇を持ち、屋根には煙出し、赤褐色の瓦を用いるなど、所謂農家建築とは異なる特異な外観を持つ建物が点在し、集落全体で炭焼きを生業としていた特異な景観を作り出しています。集落の奥地には鎮守である白山神社が鎮座し歴史が感じられます。

山中温泉今立町:写真

今立町
[ 付近地図: 石川県加賀市 ]・[ 山中温泉:歴史・観光・見所 ]
今立町 今立町 今立町 今立町
今立町 今立町 今立町 今立町
山中温泉今立町:観光・見所
白山神社
白山神社
白山神社
 
白
 
 
白
 
 
白
 
 
白
 


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「石川県:歴史・観光・見所」は「石川県の歴史」、「郷土資料辞典−石川県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。