大聖寺藩主前田家:概要

  石川県:歴史・観光・見所石川県:歴史・人物>大聖寺藩主前田家

概要・歴史・観光・見所
大聖寺藩主前田家(実性院)

【 概 要 】−寛永16年(1639)、加賀藩2代藩主前田利常(前田家3代目当主)の3男前田利治が江沼郡7万石で大聖寺藩を立藩し初代藩主となっています。利治は鉱山開発などに尽力し、茶人だった事から偶然見つけた良質の陶土を利用し九谷焼の元を築き上げています。2代前田利明は利常の5男として生まれ利治の養子になった人物で、名君として知られ用水路の整備や治水工事を推進する事で大規模な新田開発に成功し、製紙業などの産業を育成する事で藩の財政を確立しています。3代前田利直は、弟の利昌に1万石分知し大聖寺新田藩を立藩させましたが、利昌は織田秀親(柳本藩主)を刺殺するという事件(元々仲が悪かったとされ、宝永6年:1709年、寛永寺で徳川綱吉の葬儀の際、両者共に朝廷からの使者の御馳走役を命じられ、些細な事で刺殺した。)を起し新田藩は改易廃藩となり1万石は大聖寺藩(石川県加賀市)に復しました。

4代から6代にわたり悪政が続き一気に財政が悪化、7代利物と8代利考は藩政改革を行い、特に利孝は、文政4年(1821)に10万石の高直しを行い、緩んだ風紀を綱紀粛正、質素倹約、文武の奨励などで引き締めています。9代利之は10万石になった為、科せられた役も増大し再び財政悪化を招き11代利平は再び7万石に復すように尽力しましたが、本藩である加賀藩の圧力により成功せず引き続き財政難に苦しめられています。13代利行は加賀藩主前田斉泰の5男として生まれ12代利義の養子となりましたが、利義が死去した1ヶ月後に死去した為、正式な家督相続を済ませておらず、本来ならば大聖寺藩は改易となるところでしたが斉泰の画策により7男利鬯を末期養子にする事に成功し14代藩主を継がせています。

前田利鬯は天狗党の乱、禁門の変、御所の警備、東叡山守備などで功を挙げ戊辰戦争の際には引き続き幕府側で行動していましたが、鳥羽・伏見の戦いで幕府軍が敗れると一転して新政府軍に協力し北越戦争などにも従軍しています。実性院(加賀市)は大聖寺藩主前田家の菩提寺で当初は家臣である玉井市正が創建した霊光山宗英寺でしたが万治3年(1660)、初代藩主利治が死去すると当寺に葬られ利治の戒名「実性院殿機雲宗用大居士」に改称し万治4年(1661)2代藩主利明が現在地に移し山号を金龍山に改めています。実性院境内には歴代藩主の墓碑が並ぶ廟所や位牌を安置する霊屋などが残っていて加賀市指定史跡に指定されています。

江沼神社:写真
大聖寺藩主前田家と縁がある江沼神社参道から見た拝殿 大聖寺藩主前田家と縁がある江沼神社拝殿正面と銅製撫牛と石造狛犬 大聖寺藩主前田家と縁がある江沼神社境内から見上げた本殿側面 大聖寺藩主前田家と縁がある江沼神社庭園のひさご池越に見る社殿
菅生石部神社:写真
大聖寺藩主前田家と縁がある菅生石部神社石垣と植栽 大聖寺藩主前田家と縁がある菅生石部神社石段から見上げた随身門(神社山門) 大聖寺藩主前田家と縁がある菅生石部神社随身門(神社山門)から見た境内 大聖寺藩主前田家と縁がある菅生石部神社参道越に見た拝殿正面
九谷磁器窯跡:写真
大聖寺藩主前田家と縁がある九谷磁器窯跡 大聖寺藩主前田家と縁がある九谷磁器窯跡 大聖寺藩主前田家と縁がある九谷磁器窯跡 大聖寺藩主前田家と縁がある九谷磁器窯跡
山代温泉:写真
大聖寺藩主前田家と縁がある山代温泉:町並み 大聖寺藩主前田家と縁がある山代温泉:町並み 大聖寺藩主前田家と縁がある山代温泉:町並み 大聖寺藩主前田家と縁がある山代温泉:町並み
薬王院温泉寺:写真
大聖寺藩主前田家と縁がある薬王院温泉寺 大聖寺藩主前田家と縁がある薬王院温泉寺 大聖寺藩主前田家と縁がある薬王院温泉寺 大聖寺藩主前田家と縁がある薬王院温泉寺
鹿島の森:写真
大聖寺藩主前田家と縁がある鹿島の森 大聖寺藩主前田家と縁がある鹿島の森 大聖寺藩主前田家と縁がある鹿島の森 大聖寺藩主前田家と縁がある鹿島の森
長流亭:写真
大聖寺藩主前田家と縁がある長流亭 大聖寺藩主前田家と縁がある長流亭 大聖寺藩主前田家と縁がある長流亭 大聖寺藩主前田家と縁がある長流亭



※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「石川県:歴史・観光・見所」は「石川県の歴史」、「郷土資料辞典−石川県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。