畠山義綱

  石川県:歴史・観光・見所(ホーム)>畠山義綱
畠山義綱(気多神社本殿)
【 概 略 】−畠山義綱は8代当主畠山義続の子供として生まれ、天文21年(1551)義続の隠居に伴い畠山家の家督を継ぎ七尾城(石川県七尾市)の城主に就任しています。当時の畠山家は能登国の守護職として形式上は能登国の国人領主(家臣)を指導する立場でしたが、実際は有力者7人で結成された「畠山七人衆」と呼ばれる年寄衆組織の合議によって国内が運営され実権が殆どありませんでした。そこで、弘治元年(1555)、義綱、義続父子は「畠山七人衆」と対立する派閥の協力を得て中心人物である温井総貞を義続・義綱父子らは暗殺しました。温井氏と三宅氏は激しく抵抗を見せ口能登周辺を占拠、弘治2年(1556)には当地方の一向一揆の拠点となった阿岸本誓寺(石川県輪島市)を味方に付けました。一方、畠山義綱は居城である七尾城(石川県七尾市)に立て籠もり長尾景虎や椎名宮千代の支援を受けています。さらに、義綱は妻の実家である六角義賢の助けを借り、六角氏と関係が深い本願寺の反乱軍への助力を控えさせた為、大きく形成が逆転し永禄3年(1560)に能登国の平定が完遂しています。

永禄3年(1560)から永禄9年(1566)の間は安定的な政権が維持されましたが、協力的だった長続連、遊佐続光、八代俊盛などが突如として反旗を翻し義綱は七尾城から追放され、六角氏を頼り近江国(現在の滋賀県)に落ち延びています。永禄11年(1568)には六角氏に加え、上杉謙信や越中国守護代である神保長職の協力を得て兵を挙げたものの失敗、その後も復権を試みましたが何れも失敗に終わっています。文禄2年(1593)死去、戒名:興禅院華岳徳栄大居士。形式上の家督は嫡男である畠山義慶が継ぎますが幼少だった事から傀儡だったと云われています。

畠山義綱は社寺の保護も行い、弘治3年(1557)には能登生国玉比古神社(石川県七尾市)の社殿を大改築、弘治年間(1555〜1558年)には藤原四手緒神社(石川県七尾市中挟町)に社地を寄進し社殿を造営、永禄4年(1561)には高倉彦神社(石川県珠洲市蛸島町)の社殿を造営、永禄5年(1562)には正親町天皇から勅許を賜り気多大社(石川県羽咋市)の本殿を造営、F目嶽神社(七尾市能登島えの目町)の社殿を再建しています。

※ 文章や画像のコピーは御遠慮ください。御理解の程よろしくお願いします。