長流亭

  石川県:歴史・観光・見所(ホーム)加賀市:歴史・観光・見所>長流亭

概要・歴史・観光・見所
長流亭(加賀市)概要: 長流亭は江戸時代中期の宝永6年(1709)、大聖寺藩3代藩主前田利直が藩邸の大聖川沿いに別邸として建てた建物です。当初は大聖川沿いにある事から「川端御亭」と呼ばれていましたが、利直の雅名から長流亭と称されるようになりました。又、眺望に優れている事から日本海沿いへの見張り台として役目も担い、眺望を確保する為に日本海側には建造物を建てる事が禁じられていました。木造平屋建て、寄棟、こけら葺、桁行5間(約9.5m)、梁間4.5間(約8.4m)、東側に土庇、南側に玄関、外壁はは真壁造り、白漆喰仕上げ、腰壁は横板張縦押縁押え、3方は全て開放出来るように建具が嵌めこまれていました。

長流亭は川岸からは石垣を積み上げた上に建てられている為に建物内からは大聖川の優雅な流れを見ることが出来、釣りを楽しんだとも云われています。長流亭の内部は6.5畳の上ノ間、次ノ間の2間で構成され2間を囲むように畳み敷きの回廊があり、上ノ間には網代の格天井、床の間、脇床、付書院などが見られます。藩邸は明治9年(1876)の火災で焼失しましたが長流亭は被害が少なく当時の姿を保ち、現存する数少ない藩主別邸の遺構として大変貴重なことから、名称「江沼神社長流亭」として昭和25年(1950)に国指定重要文化財(旧国宝)に指定されています(長流亭に隣接する江沼神社も大聖寺藩陣屋の敷地内で庭園が加賀市指定名勝、大聖寺藩邸河道跡及び北面石垣が加賀市指定史跡に指定されています)。

長流亭:本屋・景観・写真

長流亭
[ 付近地図: 石川県加賀市 ]・[ 加賀市:歴史・観光・見所 ]
長流亭 長流亭 長流亭 長流亭


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「石川県:歴史・観光・見所」は「石川県の歴史」、「郷土資料辞典−石川県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。