金沢市: 下馬地蔵尊

  石川県:歴史・観光・見所(ホーム)金沢市:歴史・観光・見所>下馬地蔵尊

概要・歴史・観光・見所
下馬地蔵尊(金沢市)概要: 下馬地蔵尊の創建は安土桃山時代の文禄元年(1591)頃、金沢城の城下町の建設の際、住民達が勧請したのが始まりと伝えられています。元和9年(1623)加賀藩2代藩主前田利常(前田家3代目当主)が正室の菩提を弔う為、天徳院を建立、その下馬の地に地蔵尊を移し、白山神社の分霊を勧請合祀しました(天徳院は格式の高い寺院だった為、乗馬での参拝が禁止され、この地で馬を降りたとされます)。以来、周辺住民から信仰され現在でも例祭である「下馬の祭り」では踊りが奉納されています。御堂は、切妻、銅板葺き、妻入りの小堂。

下馬地蔵尊:写真

下馬地蔵尊
[ 金沢市卯辰山山麓寺院群 ]・[ 金沢市:神社・寺院 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「石川県:歴史・観光・見所」は「石川県の歴史」、「郷土資料辞典−石川県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。