金沢市: 宝泉寺

  石川県:歴史・観光・見所(ホーム)金沢市:歴史・観光・見所>宝泉寺

概要・歴史・観光・見所
宝泉寺(金沢市)概要: 宝泉寺は石川県金沢市子来町に境内を宝泉寺構えている真言宗の寺院です。宝泉寺の創建は江戸時代初期の慶長11年(1606)、加賀藩初代藩主前田利長(前田家2代)の命により冨田重政が堂宇を建立したのが始まりと伝えられています。境内がある卯辰山金沢城の鬼門にあたる為、藩祖前田利家の守本尊である摩利支天を本尊として祀り、金沢城の鬼門鎮護としました。特に摩利支天は武家の信仰の対象となり禅居庵(京都府京都市東山区大和町大路四条下:摩利支尊天堂)、徳大寺(東京都台東区上野4丁目)と共に日本三大摩利支天に数えられました。本堂は木造平屋建て、入母屋、桟瓦葺き、妻入り、桁行3間、正面1間唐破風向拝付き。

宝泉寺境内からは金沢市街や東茶屋街が一望できる景勝地で日本文学研究家であるドナルド・キーン氏は「落陽の光景が金沢一の寺」と賞賛しています。江戸時代の俳聖松尾芭蕉も奥の細道で金沢に滞在中この地を訪れており「ちる柳 あるじも我も 鐘をきく」の句を残しています。山号:摩利支天山。宗派:高野山真言宗。本尊:摩利支天。

宝泉寺:写真

宝泉寺
[ 金沢市卯辰山山麓寺院群 ]・[ 金沢市:神社・寺院 ]
宝泉寺 宝泉寺 宝泉寺 宝泉寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「石川県:歴史・観光・見所」は「石川県の歴史」、「郷土資料辞典−石川県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。