金沢市: 尾山神社

  石川県:歴史・観光・見所(ホーム)金沢市:歴史・観光・見所>尾山神社

概要・歴史・観光・見所
尾山神社(金沢市)概要: 尾山神社は石川県金沢市尾山町に鎮座している神社です。尾山神社石碑(お松の方像)尾山神社の前身である卯辰八幡宮の創建は慶長4年(1599)に造営されたのが始まりとされます。慶長4年、前田利家が死去すると、利家を祭る神社の創建が切望されましたが、豊臣秀吉が死去した後、利家は次々と法を破り天下取りに邁進する徳川家康と対立した事で跡を継いだ利長も敵視され、家康より加賀征伐が発令されました。利長は生母である芳春院(お松の方)を江戸に人質に出し、後継である利常(利家の4男)と徳川秀忠の娘である珠姫(天徳院)の婚約を確約する事で加賀征伐を回避し徳川家に服従、そのような背景から公然と家康と対立した利家を祭る事出来ず、さらに利家を祭らないと家臣達に示しがつかない状況になりました。そこで利常が越中領主時代に崇敬していた物部八幡神社(富山県高岡市)と榊葉神明宮(富山県氷見市)の分霊を金沢城の鬼門である卯辰山麓に勧請し卯辰八幡宮を建立し、その上で利家の神霊を合祀しました。

卯辰八幡宮は加賀藩の藩社として庇護され社運も隆盛しましたが、明治4年(1871)に廃藩置県尾山神社(金沢市)煉瓦造の玉垣が施行されると庇護者を失い荒廃し、それを憂いた旧藩士達は新たに利家を祭る神社の創設を切望しました。明治6年(1873)に金沢城の金谷出丸(金谷御殿)の跡地に卯辰八幡宮から利家の神霊を勧請し社殿を建立、社号を尾山神社とし卯辰八幡宮を宇多須神社に改称、明治12年(1879)には前田利長・前田利常が相殿に祀られ、平成10年(1998)に利家の正室である芳春院(お松の方)が合祀されました。尾山神社の社格は創建時に郷社、明治7年(1874)に県社、明治35年(1902)に別格官幣社に列しています。

尾山神社の象徴である和洋折衷の神門は明治8年(1875)に建立されたもので3層和洋折衷楼門、1層目は石造洋風三連アーチ、2層目木造和風、3層目宝形造り開口部色ガラス(ギヤマン)日本最古の避雷針付き、類例の無い外観で技術的、意匠的にも優れている事から昭和25年(1950)に国指定重要文化財に指定されています。尾山神社拝殿は明治6年(1873)に造営されたもので木造平屋建て、入母屋、正面千鳥破風、軒唐破風付き、桁行8間、張間6間、外壁は真壁造白漆喰仕上げ、欄間等の彫刻は金谷御殿から移したものとされます。尾山神社本殿は明治6年(1873)に造営されたもので、三間社流造、銅板葺き、玉垣は煉瓦造。

尾山神社東神門は旧金沢城の二の丸に設けられた金谷御殿の城門として建てられ、明治3年(1870)に卯辰山招魂社の神門、昭和38年(1963)に現在地に移築されたものです。形式は向唐門、桟瓦葺き、一間一戸、壁面に施された二匹の龍は宝暦9年(1760)の火災からこの門を守ったとの伝説が残されています。尾山神社東神門は数少ない金沢城の遺構として貴重で、「造形の規範になっているもの」との登録基準を満たしている事から平成15年(2003)に国登録有形文化財に登録されています。

尾山神社の文化財
・ 尾山神社神門−明治8年−国指定重要文化財
・ 太刀(朱塗台雲龍金蒔絵鞘)−桃山時代−国指定重要文化財
・ 脇指刀(朱塗台雲龍金蒔絵鞘)−桃山時代−国指定重要文化財
・ 能楽(20数面)−江戸時代−金沢市指定文化財
・ 尾山神社庭園(池泉回遊式庭園)−江戸時代−石川県指定名勝
・ 尾山神社東神門(旧金沢城二の丸御殿唐門)−国登録有形文化財

尾山神社:写真

尾山神社境内の正面に設けられた石鳥居と石造社号標
[ 石川県:神社建築 ]・[ 金沢市:神社・寺院 ]
尾山神社石段から見上げた神門(神社山門) 尾山神社神門(神社山門)から見た境内 尾山神社境内から見た拝殿正面と狛犬と燈篭 尾山神社拝殿右斜め正面
尾山神社本殿と煉瓦造の玉垣、石燈篭 尾山神社東神門(金沢城の2の丸御殿唐門) 尾山神社神門の上層部 尾山神社力石


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「石川県:歴史・観光・見所」は「石川県の歴史」、「郷土資料辞典−石川県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。