金沢市: 雨宝院

  石川県:歴史・観光・見所(ホーム)金沢市:歴史・観光・見所>雨宝院

概要・歴史・観光・見所
雨宝院(金沢市)概要: 雨宝院は石川県金沢市千日町に境内雨宝院を構えている高野山真言宗の寺院です。雨宝院の創建は天平8年(736)、泰澄大師が、この地を霊地と悟り大日如来像を安置したのが始まりと伝えられています。その後衰退しますが、文禄4年(1595)、大和出身の雄勢上人が伊勢神宮(三重県伊勢市)を千日参籠の修行を終え、金毘羅尊十一面観音像、三種の神器、白狐2匹を伴い当寺に入り中興し再興しています。又、金沢市出身の室生犀星は二十二世眞乗法印の養嗣子となり幼少期から青年期にかけて当院で過ごし数多くの作品を残しています。又、境内周辺は江戸時代の寺町の雰囲気が色濃い町並みが残されており名称「寺町台寺院群」として国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。金沢三十三観音霊場第17番札所。山号:千日山。宗派:高野山真言宗。本尊:金毘羅尊。

雨宝院:写真

雨宝院
[ 金沢市卯辰山山麓寺院群 ]・[ 金沢市:神社・寺院 ]
雨宝院 雨宝院 雨宝院 雨宝院


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「石川県:歴史・観光・見所」は「石川県の歴史」、「郷土資料辞典−石川県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。