七尾市: 鳥居醤油店

  石川県:歴史・観光・見所(ホーム)七尾市:歴史・観光・見所>鳥居醤油店

概要・歴史・観光・見所
鳥居醤油店(七尾市)概要: 鳥居醤油店鳥居醤油店は明治38年(1905)11月の七尾大火後の明治41年(1908)に建てられた建物です。当初は「大森屋」という屋号の和菓子店でしたが明治44年(1911)に鳥居長助が引き継ぎ「大森屋事鳥居花鳥堂」となり、その跡を継いだ鳥居定吉が鹿島町の今井醤油醸造所から醸造製造に必要なものを譲り受け大正14年(1925)から菓子業を廃して醤油製造業を家業としています。主屋は土蔵2階建て、切妻、桟瓦葺き、平入り、桁行7間半、梁間4間半、建築面積124u、延べ床面積205u(2階床面積81u)、外壁は黒漆喰仕上げ、1階正面は下屋を張り出して腰壁にはタイルが張られています。2階の開口部が小窓3箇所と少なく、1階は左端の1間半程の壁以外は開口部となっています。鳥居醤油店主屋は現在七尾市に残る数少ない町屋建築の1つで「国土の歴史的景観に寄与しているもの」との登録基準を満たしている事から平成16年(2004)に国登録有形文化財に登録されています。

鳥居醤油店:写真

鳥居醤油店
[ 付近地図: 石川県七尾市 ]・[ 七尾市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「石川県:歴史・観光・見所」は「石川県の歴史」、「郷土資料辞典−石川県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。