七尾市: 赤倉神社

  石川県:歴史・観光・見所(ホーム)七尾市:歴史・観光・見所>赤倉神社

概要・歴史・観光・見所
赤倉神社(七尾市)概要: 赤倉神社は石川県七尾市三引町(赤蔵山中腹)に鎮座している神社です。赤倉神社の創建は不詳ですが伝承によると赤倉神社推古天皇年代(592〜628年)に勧請されたと伝えられています。天平2年(730)に聖武天皇の皇子(東宮)が眼病に煩った際、赤倉大権現に病気快癒を祈願したところ見事に病が癒えたことで信仰が広まりました。伝承によると皇子の眼病は医者に見せても原因が判らず薬もなく大変困っていると、母后の霊夢に赤倉大権現の化身と思われる1人の白髪の老人が出現し赤蔵山の大権現に祈願すれば、眼病が平癒するだろうとの御告げがありました。早速、天皇に霊夢の事を申し上げると、天皇の勅命により藤原諸末以下30余名の僧侶が赤蔵山に出向き祈願すると、不思議と皇子の眼病が平癒しました。天皇は神意に感謝し、赤倉神社には赤蔵山一帯が社地として認められ多くの堂宇が建てられました。境内にある御手洗池は赤蔵山の伏流水が湧出た清水で、皇子の眼病治療にも使用されたとの伝承を持ち、昭和60年(1985)に名水百選にも選定されています。

中世には神仏交合し赤蔵山上一本宮寺として120坊を数える程繁栄し、周囲に大きな影響力を持ち石動山天平寺(現在の伊須流岐比古神社)と敵対したり足利氏と共に越中に侵攻したりしました。戦国時代に上杉謙信の能登侵攻により堂宇の多くが戦火により焼失し一時衰退、江戸時代に入り領主となった長連頼(加賀八家)が祈願所として復興し社殿が再建、社領61石が安堵されました。明治時代初頭に発令した神仏分離令により形式的には仏式が廃され神社として独立、社号を赤倉神社に改めています。

現在でも神仏習合時代当時の堂宇である仁王門(宝暦11年(1761)建築、桁行3.5間、梁間2間)や仁王像(大同元年(806)に製作したものを万治2年(1659)に再彫刻)、講堂(現在の赤倉神社拝殿、万治2年(1659)建築、桁行8間、梁間6間)がそのまま残されています。祭神:大山津見神。

赤倉神社:写真

赤倉神社
[ 付近地図: 石川県七尾市 ]・[ 七尾市:歴史・観光・見所 ]
赤倉神社 赤倉神社 赤倉神社 赤倉神社
赤倉神社 赤倉神社 赤倉神社 赤倉神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「石川県:歴史・観光・見所」は「石川県の歴史」、「郷土資料辞典−石川県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。