能登町: 九の里薬師堂

  石川県:歴史・観光・見所(ホーム)能登町:歴史・観光・見所>九の里薬師堂

概要・歴史・観光・見所
九の里薬師堂(能登町)概要: 本尊の銅造如来及両脇侍像は白鳳期九の里薬師堂(7世紀後半)に製作されたと推定されたもので、像総高31.8センチ、重量15.0キログラムの金銅仏です。一般的な薬師三尊像とは異なり左の脇侍には宝瓶が、右の脇侍には頭上に化仏が設えられているところから三尊像の形態が確定する前の古い時代に制作されたものと考えられます。韓国の通度寺金銅阿弥陀三尊像とも異なり、渡来人がこの地で製作したと推定されています。銅造如来及両脇侍像は意匠に優れ、保存状態も良く大変貴重な事から昭和60年(1985)に国指定重要文化財に指定されています。能登十二薬師霊場第10番札所。

九の里薬師堂:写真

九の里薬師堂
[ 付近地図: 石川県能登町 ]・[ 能登町:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「石川県:歴史・観光・見所」は「石川県の歴史」、「郷土資料辞典−石川県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。