能登町: 九十九湾(能登半島)

  石川県:歴史・観光・見所(ホーム)能登町:歴史・観光・見所>九十九湾(能登半島)

概要・歴史・観光・見所
九十九湾(能登半島)概要: 日和山から城ケ崎まで東西1キロ、南北1.5キロの能登半島にあるリアス式海岸で100近い入江で構成されています。中央付近にある蓬莱島は弁財天が鎮座し信仰の対象になっています。九十九湾で行われる"ともばた祭り"は古代、大己貴命(大国主命)が出雲から能登に上陸した際、神旗を掲げた故事から、十数隻の漁船に「銀鱗跳朝霧」や「銀鱗満四海」などを墨で書いた旗を立て縦横無尽に船を操る壮大ものです。

九十九湾:写真

九十九湾
[ 付近地図: 石川県能登町 ]・[ 能登町:歴史・観光・見所 ]
九十九湾 九十九湾 九十九湾 九十九湾
九十九湾 九十九湾 九十九湾 九十九湾


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「石川県:歴史・観光・見所」は「石川県の歴史」、「郷土資料辞典−石川県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。