能登町: 棚木城

  石川県:歴史・観光・見所(ホーム)能登町:歴史・観光・見所>棚木城

概要・歴史・観光・見所
棚木城(能登町)概要: 棚木城の築城は応仁の乱の頃、能登国守護職畠山義統の2男棚木左門氏が築いたの始まりと伝えられています。特に能登国の海防に秀でた城とされ城下にある入り江には警備船が繋留し常に戦に備えていたと云われています。天正5年(1577)、本家畠山家の居城である七尾城が上杉謙信の侵攻を受け棚木城も命運を共にしたと伝えられています。天正10年(1582)、復権を狙った棚木氏の末裔長景連が棚木城に入城し、織田軍と敵対しますが、同族で前田家の与力に組み込まれた長連龍の攻撃を受け落城しています。現在は遠島山公園として整備され、天正5年(1577)に上杉勢に包囲された際、城内に水が豊富にあることを示す為、坂から米を滝のように流したという「米流し坂」などの遺構が見られます。

棚木城:写真

棚木城
[ 付近地図: 石川県能登町 ]・[ 能登町:歴史・観光・見所 ]
棚木城 棚木城 棚木城 棚木城
棚木城 棚木城 棚木城 棚木城


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「石川県:歴史・観光・見所」は「石川県の歴史」、「郷土資料辞典−石川県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。