能登町: 赤崎海岸(能登半島)

  石川県:歴史・観光・見所(ホーム)能登町:歴史・観光・見所>赤崎海岸(能登半島)

概要・歴史・観光・見所
赤崎海岸(能登半島)概要: 赤崎海岸は能登半島にある海岸の一つで赤茶色の溶結凝灰岩が日本海の侵食で形成され、水面と平行に岩礁が続いています。沖合いには松島、平島、あにしき島、こしき島などの島々が浮かび、赤い海岸と対比が印象深い景観を創り出しています。海岸の一端には昭和41年(1966)に建てられた能登赤埼灯台があり飯田港や松波漁港、鵜飼漁港などに出入りする船舶の目印になっています。

赤崎海岸:写真

赤崎海岸
[ 付近地図: 石川県能登町 ]・[ 能登町:歴史・観光・見所 ]
赤崎海岸 赤崎海岸 赤崎海岸 赤崎海岸
赤崎海岸 赤崎海岸 赤崎海岸 赤崎海岸


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「石川県:歴史・観光・見所」は「石川県の歴史」、「郷土資料辞典−石川県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。